ハイドロキノンを使う時は紫外線に注意

年齢とともに、顔のシミが気になってきたという人も多いのではないでしょうか。
シミを隠すためにコンシーラーを塗る量が年々増えてしまい、次第には化粧でも隠せなくなって悩んでいる人もいることでしょう。
今日ではたくさんの美白のための化粧品類が販売されていますが、大半の商品は紫外線を浴びてもシミになる前に対処するという効果のあるものであり、できてしまったシミに対しては効果を発揮しません。
しかし、ハイドロキノンはシミの原因でもあるメラニン色素の産出を抑えるだけでなく、メラニン色素を作る細胞そのものを減らすことができるという効果を持っています。
海外では以前から多くの人に利用されてきた成分なのですが、日本では薬事法で2001年の規制緩和によって、医療機関以外では手に入れることができなかったのが一般的な化粧品に使用することも許可されたため、今日では日本でも多くの人に知られるようになりました。
もともと写真を現像する仕事をしている人の手が白くなったということから、シミの治療に使用されるようになったものです。
一般的なハイドロキノン商品はクリーム状になって販売されており、朝と夜の一日2回、気になる部分にポイント的に塗っていきます。
しかし、使用前には必ず目立たない場所でパッチテストをする必要があります。
紫外線予防で日傘をさす女性人によっては副作用もあり、肌に合わずに赤くなったり炎症が発生することもあるためです。
また、ハイドロキノンは紫外線に十分注意する必要があります。
ハイドロキノンを塗った状態の肌は日焼けしやすい状態になっており、よけいにシミが増えてしまう原因にもなります。
朝にハイドロキノンを塗ったら、外出前にしっかりと上から日焼け止めクリームを塗るということが大切です。