ハイドロキノンを使う時は夜の洗顔後に

シミが気になって美白化粧品でケアしているけれど、なかなか薄くならないという方も多いでしょう。
実は美白化粧品はシミを予防する事はできても、シミを薄くする事はできません。
市販されている化粧品は、皮膚の角質層にまでは有効成分を届ける事ができます。
しかし、角質層の下にまでは浸透できません。
シミの元となっているメラニン色素が、角質層の下にある肌細胞に沈着しているという場合、化粧品では太刀打ちできないのです。
美白化粧品でケアしても薄くならない、頑固なシミはハイドロキノンで治療してみましょう。
ハイドロキノンは美容皮膚科など、美容系クリニックではシミ治療としてポピュラーに処方されている外用薬です。
「肌の漂白剤」と言われる程、美白効果に優れています。
還元作用が高くメラニン色素自体を薄くする作用の他に、メラニン色素を作らせないような働きもあります。
この2つの作用によって、頑固なシミも消す事ができるのです。
外用薬をシミが気になる部分に塗るだけですので、ハイドロキノンでの治療は誰でも簡単にケアできるでしょう。
夜の洗面所ただし、塗るのは夜の洗顔後です。
ハイドロキノンは優れた効果がある外用薬と同時に、使用した後は紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。
ですので、朝の洗顔後にケアすると、いつも以上に紫外線のダメージを受け、シミができやすくなってしまうのです。
シミを改善する為にハイドロキノンで治療しているのにも関わらず、新たなシミを作ってしまっては本末転倒です。
このような事からハイドロキノンは紫外線を浴びない、夜に使う事が使用する際のポイントです。
正しくハイドロキノンを使い、シミのコンプレックスを解消してみましょう。