ハイドロキノンとコンシーラーと点滴でシミ対策

加齢でできたシミ加齢によるシミに悩む女性は多いです。
薄いシミの場合は、コンシーラーを使うと、目立たなくすることができます。
シミを消す場合は、固めのコンシーラーを使うと、上手にシミを隠すことができます。
コンシーラーを選ぶ時は、ファンデーションと同色のものを選ぶのがポイントです。
ファンデーションより明るくても暗くても、仕上がりが不自然になるので注意が必要です。
コンシーラーで隠すのではなくて、シミを薄くしたい場合は、クリニックでの治療が安心できます。

最近、注目を集めているのが、美白点滴です。
美白点滴は、高濃度の成分を、直接血管に注入する点滴治療です。
高濃度の成分は、消化管を経由しないので、そのまま無駄なく全身に行き渡るのです。
美白点滴は、シミやソバカスを薄くして、肝斑も改善することが可能です。
点滴の時間は、1回20分ほどなので、気軽に受けることができます。

クリニックのシミ治療で有名なのが、ハイドロキノンクリームを使った治療です。
ハイドロキノンは、イチゴやコーヒーなどに含まれる天然成分です。
アメリカでは、早くから美容目的のために使われていましたが、日本でも薬事法の規制緩和によって、化粧品に使用できるようになっています。
ハイドロキノンは、肌に残ってしまったシミを薄くするだけでなく、シミができないように予防する働きもあります。
メラニン色素は、紫外線などの刺激により、酸化されて黒くなる性質があります。
ハイドロキノンは、還元作用によって酸化を還元して、メラニンを薄くしていきます。
ハイドロキノンクリームは、安全な治療薬として世界中で使われていますが、まれにアレルギーを起こす人もいます。
アレルギーや炎症が起こった場合は、すぐに医師の診断を受けることが大事です。