シミ対策にはハイドロキノンと自然治癒力を高める

30歳を過ぎた頃から、様々な肌の悩みを抱える女性が増えてきます。
特に多いのが、シミの悩みです。
顔を拭いている女性人間の皮膚が太陽の光を浴びると、紫外線によって肌がダメージを受けます。
表皮の基底層にあるメラノサイトは、メラニン色素を作り、真皮に紫外線が届かないように防御します。
作られたメラニン色素は、通常であれば、皮膚のターンオーバーによって垢となり排出されていきます。
しかし、様々な原因でメラトニンが増えすぎると、排出されずに残り、シミとなってしまうのです。
加齢によってホルモンバランスが崩れると、ターンオーバーの乱れにつながり、シミができやすくなります。
薄いシミであれば、ファンデーションやコンシーラーを使うことで、目立たなくすることができます。
食事や睡眠に気を付けることで、自然治癒力を高め、徐々にシミを薄くすることも可能です。
しかし、長い期間をかけて濃くなってしまったシミなどは、コンシーラーを使っても、隠すことが難しいのです。
頑固なシミの改善には、皮膚科で処方された治療薬を使うのが効果的です。
皮膚科で処方されるシミの治療薬の中では、ハイドロキノンクリームの人気が高いです。
ハイドロキノンには、強力な漂白作用があり、しかも安全性が高いので、アメリカでは早くからシミの治療薬として使われていました。
日本でも、皮膚科クリニックで処方され、多くの女性がシミの治療を行っています。
ハイドロキノンクリームを使ってシミの治療をする場合、期間は3ヶ月ほどです。
1日2回、ハイドロキノンクリームをシミの部分に塗ります。
何らかの理由により、一旦使用を中止して、その後再開したとしても、効き目が悪くなることはないです。
強い紫外線を浴びると、シミが濃くなることがあるので、外出する時には日焼け止めを塗って出かけた方が安心です。