美白ならハイドロキノン!でも使用には注意を!

ハイドロキノン綺麗な肌になりたいならハイドロキノンが有効で、すでに出来てしまったシミに対しては最も効果的であると言われている美白成分が配合された化粧品です。
その効果は絶大であり、それまでの美白化粧品の多くは肌のトーンを明るくするといったものや、これから出来る可能性のある新たなシミの原因となるものを抑制するといったものが主流でした。
しかし、このハイドロキノンはそれらとは違います。
よりダイレクトに出来てしまったシミの原因であるメラニンの抑制に働きかけ、更にはそのメラニンを生成しているメラノサイトの働き自体を抑制します。
ある意味その他の美白化粧品とは方向性の違うものであるとも言えます。
それ故に、シミに悩んでいる人にはレーザー治療に並ぶ治療薬として注目を集めていますが、その一方で、その使用方法を間違ってしまうとシミを始め、肌自体にも大きなダメージを与える事となってしまいます。
これにはハイドロキノンが持つ、成分の強さが関係していると言えます。
前述した通り、ハイドロキノンはメラニンのみならず、その元であるメラノサイトにまで働きかけ働きを抑制させるといった、強い美白力を持っていると言えます。
その為、敏感肌であったり、あまり肌が強くないといった方が使用してしまうと、刺激の強さから炎症を起こしてしまうといった事もあり得ます。
またその強い美白力から、シミのない部分へと使用してしまうと、最悪の場合には白斑の状態になってしまい、色が抜け落ちてしまうといった事にもなりかねません。
あくまでシミのある部分にのみ使用する事が必要になります。
また紫外線を吸収しやすいといった性質も併せ持っている特徴があり、充分な日焼け止めをしないで使用した場合には、却ってシミを作る原因となってしまいかねません。
その為、これらの点に充分に注意した上で、使用する必要があると言えます。

色素沈着にはトレチノイン

わきの無駄毛を自己処理する際、カミソリを使っているという女性も多いと思います。
カミソリは価格も安く、手軽に無駄毛を処理できる点がメリットです。
使いやすいアイテムという一方、カミソリでの自己処理は肌には大きな負担となります。
自己処理を続けるとダメージを受け続けた皮膚には、メラニン色素が大量に作られます。
すると、そのメラニン色素が肌細胞に沈着してしまい、色素沈着となってしまうのです。
特にわきは他の部位と比べると、カミソリでの自己処理で色素沈着を起こしやすいので注意しましょう。
もし、自己処理でわきに色素沈着ができているという場合、トレチノイン外用薬の治療によって、解消する効果が期待できます。
トレチノインはビタミンA誘導体の1つで、肌の奥にある基底層という部分にも作用する成分です。
肌の奥にメラニン色素が沈着している場合、美白化粧品ではそこまで美白成分を浸透させる事が出来ない為、対処できません。
トレチノインは浸透性に優れており、基底層にまで届きます
そして肌細胞の分裂を促進させ、ターンオーバーを促すのです。
肌細胞がどんどん作られるようになると、その上にある古い肌細胞は皮膚の表面へと、押し上げられるような形となります。
そして最終的には垢として、外へと排出されるのです。
メラニン色素が沈着してしまった、肌細胞もこのトレチノインの作用によって、上へと押し上げられ垢として剥がれ落ちます。
わきの色素沈着であればトレチノインによって改善できるのです。
では、ほくろの場合はどうでしょう?
ほくろもメラニン色素が原因です。
一般的に茶色いほくろはトレチノインでの治療で、薄くする事は可能なようです。
しかし、黒いほくろや大きいほくろの場合は、トレチノインで消す事が難しいので、レーザーなど他の治療を検討しましょう。

肝班には副作用の少ないトラネキサム酸を!

医療の現場で、止血剤として使用されていたトラネキサム酸という成分は、紫外線などによって、シミが出来た肌に効果があることがわかってきています。
シミにも色々な種類があります。
トラネキサム酸が効果を発揮するのは、肝班という種類のシミであることがわかっています。
肝班とは、頬骨の上や目じりの下に、左右対称にできるシミで、ぼやけたように浮き上がっています。
30~40代の女性に多くみられ、ホルモンなどの影響が指摘されています。
肝班には、レーザーでの治療などは向いていません。
トラネキサム酸を内服薬として飲むことで、シミが徐々に薄くなっていく効果があります。
自分のシミがどういった種類になるのかは、皮膚科の医師の診断によって明らかになります。
自分の症状に合った治療薬や治療をしてもらうことが大切なこととなります。
肝班にはトラネキサム酸が効果がありますが、自分ひとりで判断をして試さないことが必要です。
他のシミの場合に、トラネキサム酸を服用したことで副作用が出ることはあまりありませんが、自分の症状に向いた治療法をとることが有意義なことになります。
また、効果をあまりあわてて期待することもしないようにします。
何ヶ月間かを、続けてみることが必要です。
肝班の場合には、トラネキサム酸を含む内服薬を、2ヶ月くらいは続けてみるようにします。
皮膚科の医師に相談をしながら、効果があるのかどうかを判断することが必要です。
また、皮膚科に通ったり、よい内服薬があるといっても、紫外線にあたりすぎたり、肌を傷つけるような日常生活を送っているようでは、よい効果が期待出来ません。
毎日の生活の中で、肌のためによくないことはしないよう、自分で気をつけることも必要なこととなります。

おすすめ記事